0.7m3型泥上掘削機(フロート容量42m3)

  • 001
  • 002
  • 003
  • 004
  • 005
  • 006
  • 007
  • 008
  • 001
  • 002
  • 003
  • 004
  • 005
  • 006
  • 007
  • 008
  • 001
  • 002
  • 003
  • 004
  • 005
  • 006
  • 007
  • 008

河川、湖沼、ダム湖などの軟弱地盤や浅深な水域でも作業が可能な容量42㎥のフロートを備えた大型の泥上掘削機です。

従来の機械では進入が困難だった河川や埋立地などの超軟弱地盤でも、本機は大きなフロート構造の足回りにより進入を可能にしました。また十分な浮力を有するため水上航行も可能です。
その為、河川改修工事、埋立工事、軟弱地盤の地盤改良工事など幅広い作業が行えます。

  • 全油圧駆動式のため、操作が容易に行えます。
  • ワイドな作業範囲を確保。またはバケットを外し、地盤改良のベースマシンとして利用できます。
  • 分解が容易な構造で、輸送も簡単に行えます。

河川工事

大きな浮力を持たせた特殊構造の足回りの為、河川内を自由に移動可能です。その為、仮設道路を造成する必要が無く、コスト面、環境面に見合った施工が可能となります。

施工事例
和歌山県
亀の川河川修繕工事
埼玉県
排水機場維持修繕工事
沖縄県
安里川河川浚渫工事 他

地盤改良工事

特殊構造の直結式モーターを採用している為、軟弱地盤における地盤改良工事が容易に行えます。また各種アタッチメントの装着も可能な為、ロータリースタビライザー等を使用して様々な地盤改良工事の施工が可能です。

施工事例
愛知県
名古屋P.I護岸補強及び減容化工事
埼玉県
伊佐沼第201号環境護岸工事 他

その他

上記の工事のみにならず、耐震補強工事における橋脚周辺の掘削、支障物の撤去やボーリング調査の補助等、多岐にわたって応用が可能です。

施工事例
宮城県
東日本大震災災害派遣
和歌山県
阪和自動車道耐震補強工事

寸法図及び作業範囲図 TSK200-8

寸法図及び作業範囲図

主な仕様

本体全長 3,980mm
本体全幅 2,710mm
本体全高 3,250mm
フロート全長 9,135mm
フロート全幅 1,900mm
フロート全高 1,960mm
エンジン名称 日野JO5E-TA
エンジン定格出力 114kw/2,000min-1
エンジン最大トルク 572N・m/1,600min-1
旋回速度 12.5min-1
後方旋回半径 2,750mm
バケット容量 0.7㎥
バケット幅 1,290mm
バケット質量 470kg
最大掘削半径 12,823mm
最大掘削深さ 8,140mm
最大掘削高さ 12,860mm
最大吊上げ能力 2.9t

輸送

個数 重量(t) 運搬車両
単体 合計 形式 規格 台数
バックホウ 1 13 13 低床トレーラ 25t 1
フローター 2 13 26 トラック 15t 2
ビーム 2 0.5 1
輸送状況
輸送状況

組立

名称 規格 台数 備考
ラフタークレーン 50t 1 通常作業時
組立状況
組立状況

0.7m3型泥上掘削機(フロート容量42m3)を使用した最新工事実績