地盤改良工事

地盤改良工事は軟弱な地盤上に新設の構造物を建造するもの、地震の振動による液状化を防止するもの、土砂処分場において圧密沈下を促進させ容積を向上させるものなど、目的によって様々な工法に分類されます。
当社では泥上掘削機を応用することにより各種工法に対応し、限りある土地を安定した地盤に広げることに挑戦しています。

平成21年度 伊佐沼第201号環境護岸工事

新港地区廃棄物処分場地盤改良工事

多様な地盤改良工法に柔軟に対応します

トーコー開発関西の泥上掘削機はバケット撹拌による原位置固化工法のほか、アタッチメントの取付に耐えうるベースマシンとフローターを装備しているので様々な地盤改良工法に対応できます。
また一部の機種では移動式クレーン仕様機であるため、フレコンの撒配り、散布時においても安全な作業が可能です。

パワーブレンダー工法

スタビライザー工法