建設機械の開発事業

トーコー開発関西では日々進歩する建設技術に柔軟に対応するため、0.7㎥型泥上掘削機(フロート容量42㎥)を中心に様々な建設機械、船舶を保有し、適用、展開、開発を図っています。
今ある概念にとらわれることなく、豊富な実績に基づくノウハウを駆使して、高品質、低コスト、短工期、環境負荷の低減を実現できる建設機械の開発を行っています。

小型浚渫圧送機の建造状況

泥上掘削機のブーム、アームの建造状況

それなら造ってしまおう

「こんなものがあったらいいのに」現場技術者の方は一度でもこんなことを思った方は多いはずです。
トーコー開発関西ではこのような思いを実現するため、現場で体験した課題を持ち帰り現場技術者、設計技術者が一丸となって新たな機械の開発を行っています。
「それなら造ってしまおう」この単純な発想で次の建設業界のステージに活かされる機械の開発を行っています。

3DCAD モデリング

小型浚渫圧送機(スイング式吸引仕様)